脂肪肝サプリメント

脂肪肝にいいといわれるオルニチンの注意事項

脂肪肝,サプリメント,成分,効果,オルニチン

 

オルニチンの注意事項

 

オルニチンは肝臓の代謝機能を活性化させる、その助けをすると言われます。
例えば二日酔いを解消するのにオルニチンがよいとされるのも、それが理由です。

 

 

 

肝臓での解毒作用がオルニチンの助けを得ることで機能してくれやすいからです。
オルニチンを摂り入れるには、サプリメントからという場合も多いでしょう。

 

 

 

この場合、同時に鉄分を多く含んでいる場合もあるかもしれません。
特にオルニチンを多く含むしじみなどは、鉄分も多く含んでいます。

 

 

 

既に脂肪肝となっている場合には、鉄分には注意した方がよいです。
なぜならば、鉄分摂取のおかげで、さらに脂肪肝を悪化させてしまう場合もあるからです。

 

 

 

脂肪肝のように肝臓の調子が悪い状態が継続している場合には、
脂肪だけでなく鉄分も貯めてしまいやすいです。
鉄分が肝臓に貯まりすぎると活性酸素が発生し、それが肝細胞を傷めます。

 

鉄分に注意する

 

肝細胞が傷められることは、肝臓の機能が低下することに繋がります。
つまりは肝臓が不健康な状態で鉄分を多量に摂ってしまうと、
かえって肝臓の状態を悪くすることもありうるので注意
すべきです。

 

 

 

オルニチンを摂るつもりが鉄分を貯めてしまうのでは、逆の効果になるわけです。
近年では肝臓を患っている人は、しじみやレバーなど鉄分も多く含んでいる食品は
避けるべきとされていますが、やはり肝臓に悪影響を及ぼすからです。

 

脂肪肝,サプリメント,成分,効果,オルニチン

 

脂肪肝の改善のために、オルニチンを摂ること自体には注意事項は特にありません。
オルニチンはたとえ摂りすぎても、肝臓を悪くすることは考えにくいです。
摂りすぎたオルニチンは、いずれはおしっことして排出されるからです。

 

 

 

ただ、オルニチンを体に摂り入れようという場合には、同時に鉄分を摂り入れてしまう
可能性もあります。このため、既に肝臓の状態が悪いのであれば、
オルニチンの摂り方に気をつけるべき、というのが注意事項でしょう。

 

 

 

>>>何歳から脂肪肝の危険性は上がってしまう?